SDGsへの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の唯一の誰一人として取り残さない(leave no behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)のものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(※外務省ホームページより引用)

 

               

未来創建株式会社では、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同します。        

私たちは持続可能な社会を目指し、未来につなぐ世の中を実現するために3つのテーマを掲げ、活動を推進します。

 

 

 

 

すべての人に健康と福祉を

すべての人に健康と福祉を

ヒートショックの無い家、見えないところにこだわった「高性能住宅」で健康増進と長寿命を実現。高断熱住宅の提供で温度差の少ない健康な住宅を提供。室内温度を快適にコントロールし、家庭内でのヒートショックを防ぐことにより高齢者等の健康を守り、医療福祉予算や介護費用の軽減につなげます。

 

①高性能断熱材による圧倒的な断熱性能

厚みのあるしっかりとした断熱材で家の中の温度を確保して夏すずしく冬あたたかくします。

 

②吹き付け断熱による快適な暮らし

高性能断熱材+気密性をもたせて外とのすき間をなくしたしっかりとした室内環境を保ちます。

 

③ペアガラスサッシによる最高クラスの断熱

一般的に窓サッシから熱が逃げやすく硝子を複層にして枠を樹脂製にすることで家の中の温熱環境を守ります。

ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等を実現しよう

従業員の過半数以上が女性社員です。未来創建ではお子様を持つ主婦の方が活躍しています。

 

①積極的な現場パトロール

建築現場というと、男性のイメージがありますが女性でも現場に足を運び、安全管理や社内検査を検査を行っています。

 

②業務分担でプライベートの充実

一人の人に業務量が偏ってしまわないように社内でそれぞれの業務内容や量を常に把握できるようにしています。プライベート(家事・育児)も充実できるよう、社内で業務を分担し調整をしています。

 

③職場環境の改善

社内制度や福利厚生について話し合ったりする場を作り、職場環境の改善に努めています。(産休・育休など)

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

エネルギー消費のムダを省く「省エネ」と、太陽光発電などでエネルギーを創り出す「創エネ」、太陽光発電で創った電力を貯めておく「蓄エネ」を組み合わせて活用します。

 

ZEHビルダー認定会社

 ZEH仕様の住まいにするためには、創エネ・省エネ・断熱の4つの基準を満たす必要があります。年間の1次エネルギー消費量(冷暖房・給湯場・照明・換気)よりも、住宅で創り出したエネルギーの方が上回る、もしくはその差がゼロになる住宅のことです。2020年度の政府の目標ZEH普及率が50%に対し、未来創建では2020年度のZEH普及が93%です。

 

②住宅リノベーションによる資源の浪費抑制

住宅リノベーションを行い建築物の長寿化による資源の浪費抑制や、廃材を抑制した住宅を提供。住宅リノベーション事業を通じて、省エネ住宅を提供すると共に産業廃棄物の発生防止につなげます。

 

 

電話する

お問い合わせ