防火地域や準防火地域には、様々な制限があります

2021.04.25

住宅の壁や屋根などに設けられた窓や出入り口のことを『開口部』といいます。

開口部の役割は、採光や換気、通風や通行などの実用的なものだけではありません。

その大きさや位置を工夫することで、景色を楽しんだりプライバシーを守ることができます。

断熱性や遮音性、防犯性などの性能を追求することで、より健康や安全に配慮された住まいを楽しむこともできます。    

このように、暮らしに大きな影響を与える開口部ですが、打ち合わせの時に必 ず確認しておかなければならないことがあります。

それは、その敷地が『防火地域又は準防火地域に指定されているかどうか』ということです。   

もし敷地が防火地域や準防火地域に指定されていたら、使える建材は限られてしまいます。

というのも、これらの地域には・その外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に防火戸その他の政令で定める防火設備を設けなければならない

・外壁開口部設備に建築物の周囲において発生する通常の火災による火熱が加えられた場合に、外壁開口部設備が加熱開始後二十分間は延焼しないものにしなければならない

などのように、火災を防ぐための様々な制限があるからです。  

もしかしたら、それらの制限が原因で、あなたが求める家づくりができなくなるかもしれません。

開口部の自由度を楽しみたい時は、用途地域の確認を忘れないようにしてくださいね。

また、開口部のお話だけでなく、自分がこうしたい!と思い描いているものが、様々な規則や法律によって制限されることがございます。   

専門的なお話になりますので、工務店などの家づくりのパートナーに相談しながら家づくりを進めていってくださいね!!

電話する

お問い合わせ