コラム COLUMN

見積書に計上されない『諸費用』もあります。

 今日は諸費用についてお話しします。諸費用の主な内訳は以下の通りです。

 

■購入した物件を決めた時に必要な費用

・申込証拠金 ・手付金(いずれも、解約時の取り扱いについての事前確認は必須)

 

■申請や登記に必要な費用 

・建築確認申請料 ・税金(印紙税・登録免許税) ・登記のための調査費 ・交通費・手数料などの実費

・司法書士や土地家屋調査士への報酬

 

■現場での費用

・近隣に挨拶する際の手土産代 ・地鎮祭・上棟式・竣工式費用 ・神主への謝礼

 

■住宅ローンに関する費用

・融資手数料または事務手数料・保証料(金利上乗せにより、保証料を不要とする場合がある)

・団体信用生命保険料(金利上乗せにより、保険料を不要とする場合がある)

・火災保険料(住宅ローンの申し込みに火災保険の加入を必須とする金融機関は多い)

 

■建て替えに関する費用

・仮住まい費用(賃貸住宅なら、家賃の他、敷金・礼金・退去費用も発生)

・滅失登記費用 ・2回分の引っ越し費用 ・仮住まいに入らない荷物をトランクルームなどに預けるための費用

 

■その他

・給水申込金などの水道に関する負担金(自治体によっては不要)

・引っ越し費用・家具・家電などの購入(又は買い替え)費用・新築祝い(飲食費・宿泊費・交通費など)

このように書き出してみると、諸費用って本当に多いですよね。   

これらの中には、引っ越し費用などのように、施工業者が『諸費用』として見積書に計上しない費用があります。

また、地鎮祭費用などのように、業者によって見積書に計上するか判断が分かれる費用もあります。

なお、火災保険のように、住宅ローンに含んでも良い費用もあれば、現金での支払いが必須な費用もあります。

いざという時に慌ずに済むよう、支払時期や金額の目安について、業者に確認しておきましょう。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい