コラム COLUMN

無意識の思い込みが、後悔やトラブルを招くことがあります。

家づくりの打ち合わせをしている時、「業者はプロだから、言わなくても分かってくれるだろう」「プロならできて当然」

「プロなのに、どうしてもっと…」と思ったことはありませんか?この心理状態を『アンコンシャス・バイアス』といいます。

日本語では、『無意識の偏見』『無意識の思い込み』といった言葉で表現されています。   

家づくりの打ち合わせをするとき、話した内容を書面に残すことで「言った、言わない」のトラブルを防ぐ業者は多いものです。

しかし、記された文字は同じでも、固定観念や思い込みによって、業者とみなさんの解釈が異なることがあるんです。

そんな解釈のズレを防ぐため、「言わなくても分かるだろう」と思わず、十分に言葉を交わすようにしましょう。

ところでみなさんは、「住宅ローンの名義は夫でも、管理は私がするのに」

「夫婦は対等なのに、なぜ営業マンは夫とばかり話をするの?」と不愉快になったことはありませんか?   

みなさんも、もう気づいていると思いますが、業者側にも『無意識の思い込み』はあります。

「契約するのはご主人だから、ご主人の意見を優先すべきだ」「施主が何も言わないということは、自分の提案に満足しているんだろう」というように…。

そういえば、みなさんは「契約後、担当者が営業マンから現場管理者に変わった。営業マンを信頼したから契約したのに、裏切られた感じで悲しい」

という声を聞いたことはありませんか?業者によっては、打ち合わせからアフターサービスまで同じ人が担当します。   

営業マンを置かない少数精鋭の工務店は、それが一般的です。しかし、事務・営業・施工・アフターと、その部門ごとにスタッフを置く住宅会社もあります。

ですから、もし最初から最後まで同じ人に担当してほしいなら、業者選びの際に確かめておきましょう。それぞれの思い込みが小さなズレを生みます。

その結果、「こんな家づくりをしたかったわけじゃないのに」という後悔に繋がることがあります。

また、言葉が足りないと、相手を思っての言動が、相手を傷つけるかもしれません。

要望はきちんと伝え、不明な点はしっかり質問して、無意識の思い込みによるすれ違いを防ぎたいですね。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい