新築するとき厄年が気になりますか?

2021.01.18

◆厄年とは

厄年とは、人生の岐路になりやすい時期や

運気が弱まる時期とされています。

 

本厄は、男性が25歳、42歳、61歳、

女性が19歳、33歳、37歳で、

 

本厄の前の年を前厄、次の年を後厄といいます。

なお、地域によっては3歳を本厄とする場合もあります。

 

この年齢は、数え年(生まれた年=1歳)で計算するのが一般的ですが、

地域や神社によっては満年齢で計算します。

 

◆解釈は人それぞれですが…

厄年の新築については

「運気が弱い時期だから縁起が悪い」

「大金を使うのは厄落としになるから問題ない」

「施主(男性)が42歳の時だけは避けた方がいい」

など、様々な意見があります。

 

中には、不安をあおって

神社以外でのお祓いや物品購入を勧める業者もいるようです。

 

しかし、縁起が良い時期まで待った結果、

・新居を必要とする時期に新築できなかった

・希望の小中学校の学区に入れず、

・新築後に転校して子どもにストレスを与えた

・土地の購入を遅らせた結果、理想の土地を購入できなかった

 

と後悔した事例を見ると、

運気が弱まった分を別の方法でカバーすることも

検討した方が良いのではないでしょうか。

 

◆厄除け・厄落としの例

・家づくりの前に神社で厄払いをする

・地鎮祭、上棟式などの神事をすべて行う

・上棟式で、高いところから餅やお菓子を撒く

・縁起の良い日に引っ越す

・掃除や換気をこまめにし、悪い気を溜めない

・使わないものを溜め込まない(断捨離する)

・玄関に盛り塩をする

・日ごろから身に着けているものを捨てる

・親戚や近所の方に食事をふるまう

 

家族が不安に思っているなら

厄年の由来や定義は漠然としているものの、

不安な要素を減らしたいと思うのは自然な感情です。

 

ですから、もし不安感に悩む家族がいるのなら、

まずはじっくり話し合ってみましょう。

 

なぜなら、家づくりは、

家族とより幸せに暮らすために行うものですから。

 

それではまた(^^)/

電話する

お問い合わせ