カテゴリ

掃除と洗濯の負担を軽減する方法

2021.10.14

今の住まいより広い一戸建てを新築すると、掃除をする面積は増えるし家事動線は長くなります。

仕事や子育て等で忙しいと、家事の時間が増えるのは大変ですよね。

しかし、住まいが広くなっても、予め対策を施しておけば、家事の負担を軽減できるかもしれません。

そこで今日は、掃除と洗濯の負担を軽減する方法についてお話しします。

 

■掃除

床掃除の手間を省いてくれるアイテムといえばロボット掃除機です。   

とはいえ、購入者の体験談には・充電コードや毛足の長いラグなどを巻き込まれた ・本体がぶつかって家具が傷ついたり、ふすまや障子が破れた

・ソファーやテレビ台の下などの狭いすき間を掃除できない ・掃除機を使う前に床に置いたものを片づけるのが面倒など、さまざまな意見が寄せられています。

ちなみに、ロボット掃除機の取り扱い説明書には、・薄手のラグなどの動きやすいものがある ・回転ブラシに絡まる恐れがある

・ヘアピンなど、先の尖ったものがある ・ペットを放し飼いしている・スタンドミラーなどの倒れやすいものがある

・掃除機本体より低い高さに操作部を持つ電気製品(扇風機など)があるといった場所での使用は避けた方が良いと記載されています。

ですから、ロボット掃除機に床掃除を任せる予定なら、それらの注意点をクリアできるような部屋作りが必要となります。

 

■洗濯

洗濯以外で手間が掛かるのが、干し場までの移動と「干す→畳む→仕舞う」という作業です。

洗濯機から干し場までの動線を短くするには、・洗濯機と同じ階に干し場を設ける ・室内に専用の干し場を設けるなどの方法があります。

「干す→畳む→仕舞う」の作業負担を最も軽減できるのは、ハンガーにかけて干し、畳まずにハンガーのまま仕舞う方法です。

移動距離を最短にしたいなら、室内の干し場近くに収納スペースを設けると良いでしょう。

そのほか、引っ張ったら簡単に外れるピンチ、足つきのランドリーバスケット、ランドリーバスケットを程よい高さに置ける棚や台を用いれば、体の負担を軽減できます。

 

■教育との折り合い

畳まずにハンガーで収納する方法は時短に最適ですが、子どもに畳み方を教えることができません。

ですから、親御さんの中には、「忙しいけど、親が洗濯物を畳む姿を見て子どもに学んでほしい」という理由で頑張る方もいらっしゃるそうです。

そんな教育方針も考慮しながら、それぞれの家庭に合う負担軽減方法を探したいですね。   

電話する

お問い合わせ