カテゴリ

思い込みは後悔のもと

2022.06.12

「大手だから安心」「高価格だから高品質」などのように、人は、さまざまな『思い込み』を判断基準にすることがあります。

それが良い方向に働くなら幸いですが、思い込みが原因で後悔した方は少なくありません。あなたは、家づくりに関してどんな思い込みがありますか??   

思い当たることが無くても、「解放感と言えば吹き抜け」「1階に和室を一部屋」「リビングにソファーは必須」「収納はたっぷりの方が良い」などのように、

無意識のうちに制約を設けているのなら、それは思い込みに分類されるかもしれません…。

 

■得意分野

業者には、それぞれに得意分野があります。そのため、どんなに評判の良い業者でも、あなたの家づくりには合わない場合もあります。

失敗談の中には、和風住宅が得意な業者に洋風住宅を依頼した結果、打ち合わせが難航しただけでなく、着工後もトラブルが続いたという事例があります。

見学会やセミナーなども活用して業者の得意分野を把握し、みなさんの家づくりに合うか確かめましょう。

 

■建築条件付き

「建築条件付き土地」に対して、・指定された業者を変更できない

・指定された業者より、自分で探した建築業者の方が良い家づくりができるなどの思い込みをすることがあります。

しかし、話し合いで業者の指定を外せることがあります。指定業者との出会いによって、満足度の高い家づくりができた方もいます。   

で すから、もし気に入った土地に建築条件が付いていたなら、まずは、自分の目指す家づくりができる業者か調べましょう。

もしかしたら、探し求めていた業者と出会えるかもしれません。

 

■廊下

廊下を「歩くだけにしか使えない無駄なスペース」と考える方は、廊下を減らして部屋を広くします。

しかし、廊下には・音や声、ニオイが隣室に漏れるのを防ぐ ・視線を妨げてプライバシーを保つ ・遊びの空間が心の余裕を生むといったメリットもあります。

リビングとトイレを隣り合わせにした結果、来客の度に気疲れするという方もいます。   

間取りを考える時は、音や声の伝わり方、視線が届く範囲なども考慮し、必要に応じて廊下を設けましょう。

必要と判断した廊下は、無駄ではありませんから。

■トイレの防音対策   

トイレの音を気にする方は多く、・隙間テープなどで音漏れを防ぐ ・壁や天井に吸音材や防音材を付ける ・防音ドアに交換する

・目隠しを兼ねて防音カーテンを付けるなどの対策をしています。リフォームでも対応できますが、その分、ストレスに悩む時間や費用が増えます。

トイレを寝室やリビングなどと隣接するなら、新築時にトイレの防音対策も検討しませんか?

電話する

お問い合わせ