コラム COLUMN

小さな家だと坪単価が高くなることがあります。

業者を選ぶ時、『坪単価』を目安にすることがあります。

そのため、ローコストを強調したい業者は、「坪単価〇万円!」と、具体的な数字を提示しています。

しかし、実際に家を建てると、宣伝通りの坪単価では収まらないことが多いものです。

あなたも、そんな声を耳にしたことがあるかもしれませんね。   

ガスや水道の引き込み工事、キッチンや浴室などの水回りなどのように、家の広さに関わらず必要な工事や設備があります。

また、狭い現場だと大工の作業効率が低下することがあります。すると、低下した分だけ作業日数は増えます。

坪単価は、それらの費用を延べ床面積で割って求めます。そのため、小さな家ほど坪単価が高くなることがあるんです。

「ということは、大きい家ほど坪単価は安くなるの?」という疑問が出てくるかもしれませんね。

確かに、坪単価だけを見ると安く感じるかもしれません。しかし、家を広くすると、エアコンやカーテンなどの設置個所も増えます。

掃除の手間、家事動線、将来のメンテナンス費用も増えます。それらの負担を考えると、広すぎる家も考えものです。

宣伝通りの坪単価に調整するには、宣伝通りの家づくりをするしかありません。   

でも、一生に一度の家づくりなら妥協したくはありませんよね。それなら、まずは暮らし方に合う最適な広さを追求しましょう。

そして、その暮らし方に必要な設備や性能を備えましょう。全く同じ家づくりでも、広さを変えるだけで坪単価は変わります。

また、坪単価(建築費用÷坪数)をより安く見せたい業者は、付帯工事を除いた基本建築費だけで計算したり、

延べ床面積の解釈を変えて坪数を増やし、割安に見せることがあります。

このように、坪単価はそれほど正確なものではありませんし、あくまでも一つの目安に過ぎません。

それなら、坪単価を抑える家づくりより、予算内で満足度の高い家づくりの方が新居での暮らしを楽しめそうだと思いませんか?

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい