コラム COLUMN

寝つきや目覚めの悪さに悩んでいるなら、この方法を試してみませんか?

寒い時期は、「布団が冷たくて、寝付くまでに時間がかかる」「夜中にトイレに行くと、体が冷えて寝付けない」

「日の出が遅いから、外が暗くて目覚めが悪い」「部屋が寒いから、朝はギリギリまで布団から出られない」などのように、睡眠関連の悩み事が増えがちです。

みなさんにも、そんな悩みはありますか?体の深部の体温が高いと、寝付きは良くなります。

そのため、冬は就寝の1時間前に入浴し、40℃くらいのお湯で体の芯まで温めた方が良いとされています。

とはいえ、家族が多いと好きな時間に入浴するのは難しいですよね。

そんなときは、・布団乾燥機や電気毛布などで、布団を暖めておく ・寝室を快適な温度(15~20度程度)に暖めておく

・軽くて保温性の高い寝具を使用し、体の負担を減らす ・照明は、色や強さの穏やかなものにするなどの方法を試してみましょう。

ただし、布団や部屋を暖めるのは就寝前までにしましょう。就寝後も暖房し続けると、体が負担に感じるので睡眠の質が低下します。

足の冷えが気になるときは、緩めの靴下やレッグウォーマーを使用しましょう。緩めのものなら、暑くなったら無意識のうちに脱ぐことができます。

また、朝スッキリ目覚めるのが難しいなら、・起床時間に合わせて、暖房をタイマーで設定しておく ・点灯タイマー付きの照明で、起床時間に部屋を明るくしておく

・リモコン付きの照明で、目覚めたらすぐに明るくするなどの方法を試してみましょう。   

日の出が遅いと、起床時に太陽の光を浴びることができません。そんな時は、照明の光を浴びて体内時計をリセットしましょう。

 なお、寝起きに昼光色や昼白色の白くて強い光は負担が大きいものです。穏やかな気分で目覚めたいなら、電球色や温白色などの温かみのある光の方が良いでしょう。

最後になりましたが、夜のトイレの回数を減らすためには、・お酒や緑茶など、利尿作用のある飲み物の摂取時間に気を付ける

・水分の過剰摂取は控える  ・適度な運動を心掛ける ・夜中にトイレに行くときは、暖かい上着を羽織るなどの方法があります。   

あなたは、布団内とトイレの温度差が原因でトイレ後の寝つきが悪くなっていませんか?

ヒートショック対策も兼ねて、暖かい上着で冷えを防ぎましょう。

 

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい