家族みんなを片付け上手に育てるコツ

2021.04.14

賃貸住宅の収納スペースが少なくて不便だったために、

「新築したら収納スペースをたっぷり設けて、スッキリとした部屋にしよう」と思う方は多いものです。

しかし、単に収納スペースを増やすだけでは片付きません。

『後で片付ける病』を防ぎ、家族みんなを片付け上手にするにはコツがあります。

■使う場所に収納スペースを設ける

使う場所と収納場所が離れていると、片付けるのが面倒になります。動線は、できるだけ短くしましょう。

例えば、・家族の衣類のうち下着とパジャマは脱衣所に収納する ・それぞれの個室ではなく着替える場所に衣類を収納する という感じです。

■同じものは同じ場所に収納する

同じものを別々の場所に収納すると、在庫管理が面倒です。

種類別に同じ場所に収納すると「 ストックがないと思って購入したら、別の場所にあった」「いつの間にか賞味期限が切れていた」といったトラブルを防げます。

■使いやすい高さに、使いやすい収納アイテムで

例えば衣類を収納する時、必ずタンスを使うという決まりごとはありません。

クローゼットやベッド下などに収納できるなら、衣装ケースで十分です。

その際、置き場所の高さ・奥行・幅にピッタリ合ったサイズだと無駄がありません。

置き場所によって「引き出し式」「コロ付き」などを使い分けることで、より出し入れしやすくなります。

また、よく使うものを高い場所に収納すると出し入れが面倒です。出し入れしやすい場所に収納しても、蓋つきだとやはり面倒です。

最も出し入れしやすい高さは、『手を下ろして直立した時の、目から指先までの間』とされています。 

 

上記のコツを意識した収納スペースを設けて、家族みんなを『片付け上手』に育ててみませんか?

おうち時間がたくさんあるので、家族みんなでより良い収納方法考えてみてはいかがでしょうか。

 

電話する

お問い合わせ