コラム COLUMN

家づくりの優先順位を、今一度確認しましょう。

家づくりの費用をできるだけ抑えたい方の中には、ローコスト住宅以外の選択肢に全く興味を持たない方がいます。

これは、とても勿体ない考え方です。

というのも、家づくりの費用を抑える方法を知れば、満足度を下げなくても良い家づくりができるからです。

・広さ・グレード・デザイン性・部屋数の4つは、全部叶えようとすればするほど費用が増えます。

それを防ぐには、優先順位を決めて予算の範囲内で調整するしかありません。   

まず、みなさんにとって『良い家』とはどんな家なのか考えてみましょう。

初期費用が少ない、維持費が少ない、温度差が少ない、広い、おしゃれ、家族全員の個室がある、家族団らんを楽しめる…。

もしかしたら、家族の数だけ答えがあるかもしれませんね。

では次に、その『良い家』をつくるため、4つの条件の優先順位を考えてみましょう。

そして、それに伴うデメリットや最低限確保したい内容を考えてみましょう。

例えば、広さを優先するために材料や性能のグレードを落とせば、断熱性が低くなった分だけ冷暖房の費用が増えるかもしれません。

部屋ごとの温度差が原因で結露やカビが発生し、家や身体の健康を損ねるかもしれません。

ヒートショックや室内熱中症のリスクも増えます。そのため、最低限必要なグレードを知り、確保する必要があります。

例えば、部屋数を優先するために広さを諦めれば、それぞれの部屋で予定している暮らし方ができなくなるかもしれません。

購入を計画していた家具を置けないかもしれないし、現在の住まいより狭くなってストレスを感じるかもしれません。

そのため、それぞれの部屋でどう過ごしたいか、無くても良い部屋、絶対に確保したい部屋についても考えておく必要があります。

漠然とした憧れや希望を優先すると、良い家づくりはできません。   

みなさんと家族が幸せに暮らせる『良い家』を追求し、そんな家づくりをしている業者を探してみましょう。

そうすれば、「ハウスメーカーを探していたけど、融通が利く工務店の方が良さそう」などのように、

よりみなさんに合った選択肢に気づけるかもしれません。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい