コラム COLUMN

家づくりでよく使う単位についてです。

家づくりを始めると、「尺」「間(けん)」「平米」「坪」など、普段使わない単位に接して戸惑うことはありませんか?

そこで今日は、これらの単位についてお話しします。

1尺は303mmです。(家づくりでは㎝ではなくmmを用いるのが一般的です)間(けん)は6尺なので、正確には1818mmですが、1820mmで計算する場合もあります。

ちなみに、メーターモジュールはその名の通り1m(1000mm)単位ですが、尺モジュールは3尺(910mm)単位で考えます。   

「尺モジュールなのに、廊下の幅が910mmより狭い」と驚く方もいますが、この数字は、柱の中心から柱の中心までの距離を示しています。

そのため、実際の仕上がりはどうしても狭くなります。業者にとっては当たり前のことなので、説明不足になりがちです。

しかし、初めて家づくりする方にはそうではありませんよね。もし仕上がり幅に合わせた家具を購入する予定なら、業者に正確なサイズを尋ねておくといいですよ。

さて、長さの説明はここまでにして、次は面積を表す単位についてお話ししましょう。1平米は1平方メートルと同じ意味です。

1m×1mなので、とても分かりやすいですね。一方、ちょっとわかりにくいのが「坪」です。1坪は畳約2枚分なので、6畳の部屋は約3坪となります。   

畳のある住まいで生活した人にはわかりやすいのですが、最近は和室の無い住まいも多いですよね。そのため、坪で記されてもピンと来ない方が増えているとか。

ちなみに、畳の標準的なサイズは3尺×6尺とされていますが、地域や部屋の寸法などによって多少の違いがあります。

例えば打ち合わせの際、最も大きい京間サイズの畳の和室で生活してきた方は、図面を見る時、それまで体感している広さで想像するものです。

一方、施工業者は江戸間を標準的に扱っているとします。

この時、感覚のすり合わせをしないまま話を進めていくと、「和室が狭い。用途に合わない」と揉めてしまうことがあるんです。   

改めて考えてみると、広さを畳の数で表すってリスクが大きいですよね。ところでみなさんは、今の住まいの寸法を測ったことがありますか?

それぞれの部屋の幅や高さだけでなく、ドアの幅やコンセントの高さなども計測し、図面に書き出してみましょう。

図面で視覚化すると、新居の間取りを考える時に、数字を見るだけで想像できるようになりますよ。

 

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい