コラム COLUMN

地域材を選択肢に加えてみませんか??

今日は、地域材についてです。地域材とは、それを使う地域で育った木材のことです。   

地域材を使うメリットには、・その地域の気候風土に適応している ・助成金や補助金の交付がある(自治体による)

・間伐や伐採、植林を繰り返すことにより、山林の健康を保てる ・山林の健康を保つことが、土砂災害防止や水源確保、海洋環境保全に役立つ

・地域で製品化まで担うことにより、地域経済が潤う ・輸送距離が短くなるので、温暖化防止に貢献できるなどがあります。

地域材にこだわりを持つ業者の中には、地元で育った木を知ってもらうために消費者と一緒に植林したり、製材する様子を見学するなどのイベントを開催しています。

本物の木に触れると、「多少見た目が悪くても、それはそれで味があるな」「節を活用すれば、我が家だけの個性的な柱になるかも」

「今まで特にこだわりは無かったけど、無垢材の床で暮らしたい」など、家づくりに新たな視点が生まれることがあります。

あなたも、機会があればぜひ地域材に触れてみてください。   

そういえば、スタッフの知人は、地域による木材の特徴を調べつくした結果、数百キロ離れた地域から木材を取り寄せて新築しました。

「輸送費がとんでもない金額になった」と奥様は嘆いていましたが、知人は大満足だったとか。幸いなことに、奥様も気に入りました。

堅実な資金計画だったこともあり、夫婦間で大きなトラブルにはならなかったそうです。

日本には年間成長量7千m3の森林資源がありますが、現状では約4割しか活用されていません。   

しかし、ウッドショック(木材不足)をきっかけに、地域材や国産材をもっと活用しようという動きが広まっています。

あなたは、木材に対するこだわりがありますか??もし、地産地消に関心があるなら、地域材も選択肢に入れてみませんか??

ただし、助成金の申請には期限があり、申込者全員が交付を受けるのではなく、先着順になる場合があります。

助成金の詳細は、自治体のホームページなどで確認できます。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい