コラム COLUMN

半身浴で低体温を解消!

人の体温は、1日の中で起床時が最も低く、昼から夕方頃にかけてピークを迎えた後、徐々に下がります。(変動幅は概ね1度以内)

「平熱」は時間帯によって異なるので、定期的に体温を測り、時間帯による変化を把握しておいた方が良いとされています。

そういえば、一部の店舗や施設などでは、入り口で体温を測って安全管理を行っていますよね。

平熱が37度台になる方にとっては、ちょっと不便な環境かもしれませんね。

 

■低体温

健康な人の体温は、約36~37度です。しかし、起床時に35度未満で、ピーク時を迎えても36度に達しない方もいます。

このような状態を「低体温」と言います。

■原因とデメリット

低体温の原因には、極端なダイエット、ストレス、加齢、運動不足などによる筋肉量低下、疾患などがあります。

デメリットには、・血行が悪くなるので、月経関連のトラブルが起きやすい ・代謝機能が低下するので、太りやすく痩せにくい

・免疫機能が低下するので、病気になりやすくアレルギー症状も出やすい ・思考力が鈍くなるので、仕事や人間関係に悪影響をもたらす恐れがあるなどがあります。

■半身浴で低体温解消

低体温解消策には食生活改善や運動などもありますが、最も負担が少ない方法といえば「半身浴」ではないでしょうか。

半身浴は、・湯量・・・おへそから胸の高さ・湯温・・・38~40度・時間・・・15~30分を目安に行います。

お湯に浸かっていない上半身からの発汗は、体の芯まで温まったという合図です。長すぎる入浴は、逆に体温を下げるので注意しましょう。

■深呼吸  

深呼吸を繰り返すと、体がポカポカと暖まってきます。試しに、口から息を吐き切った後、鼻からゆっくりと吸ってみましょう。

これを1分ほど続けます。お腹を上手に使って腹式呼吸するのがコツです。スマホを扱う時、多くの人は口で浅い呼吸をする傾向があるとか。

そんな「スマホ呼吸」も、低体温の一因との説があります。

お風呂にスマホやタブレットを持ち込んで半身浴をするなら、姿勢や呼吸も意識すると、より変化を実感できそうですね。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい