コラム COLUMN

勝手口ドアからの侵入対策

警視庁によると、令和元年の侵入窃盗の総数は57,808件だったとか。

その発生場所で最も多いのは『一戸建て住宅』で、全体の43.9%を占めています。

ちなみに、一戸建て住宅の侵入手口は、・無締り(鍵の閉め忘れ)・・・45.4% 

・ガラス破り・・・37.5%で、3位のドア錠破りは2.9%となっています。

できるだけ短時間で犯行を終えたい侵入者にとって、ドア錠破りはリスクが大きいのかもしれませんね。   

ところで、開口部からの侵入というと、どうしても玄関や窓を連想しがちです。

しかし、それ以上に危険なのに対策が手薄になりがちな場所があります。

それは、『勝手口』です。一般的に、勝手口は玄関より人目につかない場所にあります。

そして、玄関ドアより防犯性が低いといわれています。

例えば、勝手口ドアはガラス部分が多く、ガラスを破れば開錠できますよね。   

玄関ドアは、『2ロック』や『電子キー』など、防犯性や利便性が常に追求されていますが、

勝手口ドアは『簡単なカギが一つだけ』というタイプが一般的です。

ちなみに、最近の一戸建て住宅の多くに用いられているのは、上下にスライドする窓がついたドアです。

ドアを施錠した状態でも、窓のロックを外せば開閉できます。

そのため、窓を閉めた時にロックを忘れたり、「ドア自体に施錠しているから大丈夫だろう」

「ガラス部分には面格子がついているから安全だ」と、 窓のロックをさほど重視しない方もいるんです。

最近は、ガラス破りやサムターン回し等を防ぐ防犯性の高い勝手口ドアが次々に登場しています。   

勝手口ドア用の、後付けできる補助錠もあります。

より防犯性を高めたいなら、センサーライトや防犯ジャリなど、勝手口に近づけないための対策を併用するのもおススメです。

家族と安全な環境で安心して過ごせるよう、玄関や窓はもちろん、勝手口の防犯対策にも配慮しましょう。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい