コラム COLUMN

住まいでの低温やけどを防ぐために。

   事故情報データバンクには、ゆたんぽに関連する事故情報が、平成27年11月から令和2年10月までに108件も寄せられているとか。

そのうち68件がやけど事故で、治療に1か月以上かかっている重傷事故が31件発生しているそうです。

前年の冬まで問題無く使えていた湯たんぽでも、今年の冬までに劣化していることもあります。   

昨日までは大丈夫だったのに…ということもありますから、使用前の安全確認は欠かせませんね。

ところで、住まいには、キッチンやお風呂以外にも、やけどに注意しなければならない場所があります。

まずはリビング。石油ストーブなど、火が見える暖房は注意深く扱う方でも、床暖房やコタツなどは油断することがあります。

しかし、その程よい暖かさは、低温やけどの原因になるだけでなく、使い方次第ではフローリングを傷めることがあります。

次はトイレ。リラックス空間として、トイレで長時間過ごす方がいます。

しかし、便座に肌が長時間触れると、その分だけ低温やけどのリスクは高まります。

長時間の温風乾燥も要注意です。みなさんの住まいでは、寒くなると便座の温度を高めに設定しますか?

もし・子どもや高齢者がいる ・トイレで長時間過ごす家族がいる ・皮膚が弱い、又は乾燥肌の家族がいるなどの場合、

体温より高くすると肌への負担が心配です。定期的にチェックし、安全温度を維持しましょう。

メーカーによっては、低温やけど対策として、一定時間で便座ヒーターが切れる製品を用意しています。   

より安心を求めるなら、そのような製品も良いのではないでしょうか。

そういえば、みなさんはペットを飼っていますか?ペットの寒さ対策は、どのようにしていますか?

エアコンのように空気を暖めるものではなく、ヒーターや電気カーペットなど身体に触れるものを使っているなら、

・ペットが身体の同じ部分を何度も舐める ・特定の部分だけ体毛が抜けている

・特定の部分だけ触られるのを嫌がるなどの様子が見られないか観察しましょう。

体毛があると、低温やけどを見つけるのは難しいものです。そのため、発見が遅れて脱水症状を併発することもあります。

・設定温度は体温程度に抑える・タイマーを設定する・ペットの体温を利用して、服やベッドで暖めるなど、

ペットの体調や年齢に合わせた安全対策を検討しましょう。ペットも高齢になると肌の感覚が衰えてきます。   

その上、寝る時間も長くなっていきます。そのため、買主が気が付いた時には重症化していることもあるとか。

家族もペットもこの冬を安全に過ごせるよう、暖房の安全性をチェックしてみませんか?

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい