コラム COLUMN

人任せは後悔のもと。

多くの方は、一生に何度も新築できません。

そのため、知識や経験の少なさに不安を感じて、自分の家づくりに自信が持てなくなり、

「素人考えを形にするより業者に任せた方が間違いないだろう」と考えることがあります。

この考え方は正しいとは言えません。

なぜなら、一般的な評価基準を満たす「良い家」や、施工業者の価値観を基に仕上げた「良い家」が、

そこに住む人にとっての「良い家」とは限らないからです。   

何度もお伝えしていることなので、みなさんの耳にタコができているかもしれませんが、

家づくりは、あなたと家族がより幸せに暮らすための手段です。

ですから、自宅での過ごし方や趣味、好み、性格などに沿った、住む人の意見が十分に反映された家づくりが望ましいのです。

そう考えると、一般的な評価や業者の価値観を優先した、いわゆる人任せにした家づくりをした施主が、

評価は高いのに満足度が低い、後悔の残る家と感じるのも、当然のことと言えるのではないでしょうか。

昔から「家は3回建てないと成功しない」とか「3回建てなければ、理想の家にならない」って言いますよね。

1回で満足している方もいるし、3回目でも失敗している方もいるので、3回という数字は、あくまで物の例えに過ぎません。

しかし、理想の家づくりはそれほど難しいものです。それに、家族の成長と共に家に求めるものは変わっていきます。

ですから、初めての家づくりの時に100%の完成度を目指さなくても大丈夫です。   

それより、家族の住まい方を考慮し、将来の変化に対応できる余力を残すことを意識しましょう。

そのために、まずは自分の意見をしっかり持ちましょう。どんなに優秀な業者に依頼するとしても、人任せにしてはいけません。

親兄弟や親戚、知人などの『親切な助言』に流されてもいけません。

なぜなら、自分の意見より他人の意見を優先することは、自分の人生を他人に託すことと同じ意味合いを持つからです。

家づくりでは、小さな決断から重要な決断まで、数多くの決断を求められます。

疲れ果てて、「じゃあ、それで」と言いたくなることがあるかもしれません。

そんな時は、『人任せは後悔のもと』と思い出してくださいね。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい