コラム COLUMN

モデルハウスの費用を自分も負担することを、知らずに契約する方がいます。

モデルハウスを新築するとき、土地・建物・外構だけでも数千万円の初期費用が発生します。

さらに、人件費や光熱費などの維持費も必要になります。それらの費用を負担するのは見学者ではなく、その業者と契約する施主です。

そのため、それらの費用を負担したくない方は、モデルハウスを常設していない業者を選びます。

一方、その業者の家づくりを知るために必要な経費と判断する方は、負担が増えると理解した上で契約します。

そして、この仕組みを知らないまま契約した方の中には、

「そんな費用が加算されない業者と契約したら、もっと要望を盛り込めたのに…」と後悔する方もいます。

理解した上で負担するか、知らないまま負担するか。この違いは大きいですよね。

一生で一度きりの家づくりを任せる業者を選ぶため、実際の家づくりを見て判断したいと思うのは当然のことです。   

しかし、モデルハウス以外にも選択肢はあります。場合によっては、モデルハウス以上の知識を得ることができます。

その選択肢とは、他の施主との家づくりを見学させてもらうことです。例えば、新築中の現場見学会。

完成後、施主が入居する前に行われる完成見学会。住み始めて数年を経たOBさん宅の見学会。

これらは、モデルハウスのように『魅了して契約を得ること』を前提とした家づくりではなく、

『大切な家族と暮らすこと』を前提とした家づくりを知る機会となります。

完成見学会やOBさん宅の見学会は、施主やOBさんと業者との信頼関係が無ければ成り立ちません。

そのため、これらの見学会では、業者の家づくりだけでなく、信頼関係の築き方も確認できます。   

見学会の情報をホームページなどで積極的に案内している業者もいますが、もし、意中の業者が案内していない場合は、

担当者に直接尋ねてみましょう。タイミングが合えば、上棟式などの特別なイベントまで見学できるかもしれません。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい