カテゴリ

ゼロ円ソーラーが、じわりと広がっているそうです。

2022.06.05

総務省統計局の「平成30年 住宅・土地統計調査」によると、戸建て住宅の約9%が太陽光発電を導入しているそうです。

太陽光発電は、非常時の電源としても重宝します最近の、長引く電気料金高騰の対策としても役立ちます。

ところで、最近「ゼロ円ソーラー」への関心が高まっていることをご存知ですか?   

■ゼロ円ソーラーとは

発電事業者が契約者宅に、パネル設置や維持管理を無償で行うものです。そのため、まとまった資金が無い方でも初期費用無しで設置できます。

ゼロ円と聞くと不信感を抱くかもしれません。しかし、脱炭素化に向けて国や自治体も導入を支援している仕組みなので安心です。

■自費設置との違い

従来の設備は、戸建て住宅の所有者が自費で設置します。発電した電力は自宅で消費し、余った電力を売り、発電で賄えなかった分を買います。

売電より自家消費を優先する方は、蓄電池を設置します。これは、所有権があるからこそ選べる方法です。

一方、ゼロ円ソーラーの所有権は発電事業者にあります。「電力販売」で契約する場合、発電した電気は事業者のものです。

そのため、契約者は使った分の電気料金を支払う必要があります。

とはいえ、電気代の割引や料金単価の固定制度などがあるので、一般的な電気料金より割安で使用できます。

「リース」で契約すると、毎月使用した電気料金ではなく、リース料金を支払います。

 

■解約は?満了後は?

契約期間は事業者によって異なりますが、概ね10~20年です。原則として中途解約はできません。契約期間内に解約すると、残存分の支払い義務が生じます。

契約期間満了後、設備一式は契約者に無償譲渡されます。譲渡後のメンテナンス費用は、契約者負担となります。

 

■契約できない場合もあります

ゼロ円ソーラーは、・世帯主の年齢・築年数・屋根の形状や屋根材・周辺環境などの条件を満たした方のみ契約できます。

初期費用無しで設置でき、非常時の電源としても使えるため、費用負担がネックになっていた方からの関心を集めているとか。

検討の際は、月々の負担、解約の条件、期間満了後の取り扱い、メンテナンスなどについて、十分にチェックしましょう。   

自治体の助成金制度のチェックもお忘れなく。

電話する

お問い合わせ