カテゴリ

センサーライトを設置する時、気を付けたいこと

2021.11.04

みなさんのお宅には、センサーライトを設置していますか??

夜、人の出入りが無いはずの時間帯に屋外のセンサーライトが点灯するとドキッとしますよね。

そんな時、スタッフは、インターホンのカメラで外を確認した後、ドアチェーンを付けたまま玄関ドアを開けたり、

玄関が見える窓のカーテンを少し開けて外を観察するとか。

そういえば、センサーライトの設置方法を間違ったために、火災などのトラブルに遭った方がいるそうです。

そこで今日は、センサーライトについてお話しします。   

 

■誤作動を招く要因

センサーライトは、周囲の動きや明るさ、温度の変化に反応します。

そのため、・車や人が通る道の近く ・エアコンの室外機の風が当たる場所 ・電動シャッターなどの電波を発する設備の近く

・洗濯物や植物など、風に揺れるモノの近く ・強い振動を受ける場所に置くと、その都度反応するので点灯回数が増えます。

逆に、・日が当たらない場所への設置(ソーラーパネルの場合) ・センサーの探知範囲を超えた高所だと、反応しないので役立ちません。

 

■火災防止のために気を付けたいこと

センサーライトの近くにあった布が風に煽れらて、センサーライトを覆ったために発火したり、漏電による火災や感電の事例があります。

火災防止のため、・可燃物の近くに設置しない ・定格以外の電圧で使用しない ・設置場所に応じて防水タイプ ・防滴タイプなどを採用するなどの配慮をしましょう。

 

■防犯のために気を付けたいこと

敷地内への侵入や開口部からの侵入など、知りたい情報にのみ反応し、できるだけ誤作動を起こさない場所に設置しましょう。

なお、隣家を照らすような場所に設置するとご近所トラブルの原因になります。動作確認をし、感知したい場所や照らしたい場所を調整しましょう。   

 

■印象は人それぞれ

薄暗い時間帯にウォーキングをしている時、強烈な明るさのセンサーライトに直射されるたび、「不審者が来た!」と言われているようで不快だと言う知人がいます。

それを聞いて「明るくていいじゃない」と、気にも留めない知人もいます。   

印象は人それぞれですが、明かりを外側に向ける場合は、照射範囲を確認し、適切に調整した方が良さそうです。

電話する

お問い合わせ