コラム COLUMN

カセットボンベによる事故を防ぐために

ゴミ収集車の火災が多発しています。ライターやリチウムイオン電池などの混入やガス抜きが不十分なスプレー缶やカセットボンベが原因です。

スプレー缶やカセットボンベを振った時、シャカシャカという音が聞こえるなら、ガスが残っています。

そんな時、あなたはどこでどう処理していますか?   

■保管場所

直射日光や暖房器具の温風などが当たると、内部が膨張して破裂する恐れがあります。

また、温度差の大きい場所や湿気の多い場所で保管すると、サビが発生して缶の強度が下がる恐れがあります。

そのため、保管に適しているのは『40度以上にならない乾燥した場所』です。なお、落下の恐れのある高所や、子どもの手が届く場所は危険なので避けましょう。

使用中のカセットコンロのそばに予備のカセットボンベを置いたまま食事をするのも危険なのでやめましょう。

■使用を避けたい場所

・IHクッキングヒーターの上(過熱防止)・使用中の暖房器具の近く(過熱防止) ・火を使って料理している場所(過熱防止)

・テントや車内などの狭い空間(一酸化炭素中毒などの防止) ・カーテンなどの可燃物の近く(引火防止)

■処理方法

必ず使い切ってから廃棄しましょう。ガス抜きのために穴を開ける時は、火の気が無く、風通しの良い屋外で作業を行いましょう。

なお、カセットボンベは、キャップを外した先端を地面などに押し付ければ、本体に穴を開けることなく安全にガス抜きできます。

 

■こんな経験はありませんか?

カセットコンロを使う時、なかなか点火しなかったり、勢いよく火が出て驚いたことはありませんか?

そんな時は、・カセットボンベを正しく装着できているか ・サビや凹みはないかなどを確かめましょう。

なお、10℃未満の寒い場所では、ガスの特性のため使えなくなります。火がつかない時は、温度も確認しましょう。

ガスボンベを取り外してもガスが漏れ続けている時は、直ちに火の気のない屋外に持ち運び、室内の換気をしましょう。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい