コラム COLUMN

みなさんにとっての『いい家』とは?

  一般社団法人・日本記念日協会は、11月18日を「いい家の日」「建築整備士の日」「防犯の日」と認定しています。

ちなみに、「いい家の日」は単なる語呂合わせではありますが、「自分にとって本当にいい家とは何か」を考えるきっかけを作るとともに、

住宅について関心を持ってもらうのが目的だそうですよ。

 

■書き出してみましょう

『いい家』の解釈は人によって異なります。まずは、家族それぞれが思う『いい家』を書き出してみましょう。

「リビングが広い家」「それぞれに個室がある家」と、具体的な間取りを書く人もいれば、「心身の疲れを癒せる家」

「家族との時間を満喫できる家」のように、過ごし方を書く人もいるかもしれません。

どちらも間違いではないので、縛りを設けずに書いてみましょう。

 

■尋ねてみましょう

間取りや外観など、建物に焦点を当てた回答があれば、その理由を尋ねてみましょう。

「リビングが広いと、家族みんなが集まっても狭くないでしょ?」「個室があれば、人目を気にせず自分だけの時間を楽しめるよね?」と、

理想の過ごし方を聞き出せるかもしれません。聞き出せれば、それを叶えるための創意工夫ができます。

■探してみましょう

「節電のために太陽光発電を設置したい」「理想の外観を損なうから、絶対いや」というように、意見が対立することもあるでしょう。

しかし、断熱性を向上して冷暖房費を抑制したり、間取りや間仕切りを工夫して照明が必要になる時間を最小限にするなどのように、

創エネ以外にも節電する方法はあります。家族に相反する要望がある時は、じっくり話し合ってより良い方法を探しましょう。

困った時やOBさんの事例を知りたい時は、業者に相談するといいですよ。

■最低条件

防犯面の不安や自然災害のリスクなど、安全な暮らしを当然のこととして望めない建物や地域があります。

また、シックハウス症候群やヒートショックなど、建物が原因で健康を損ねた事例は多いものです。

家族の幸せを守るには、安全で健康に暮らせる住まいが欠かせません。

この2つは、いい家の最低条件と言えそうですね。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい