コラム COLUMN

【その心理的瑕疵物件に対する印象は、人それぞれです。その1】

こんにちは、もしあなたの要望をすべて満たす土地を、相場よりお買い得価格で入手できるとしたら…。

あなたは即決しますか?

それとも、「そんなおいしい話があるわけがない」

と、その価格で提供する理由を調べようとしますか?

相場より安い土地には、・地盤が弱い・工場や鶏舎、騒音やニオイの原因になる建物が近い

旗竿地など、出入りや使い勝手が不自由な立地などのように、何らかの理由があります。

上記は、多くの方が納得する理由でしょう。

その他に、人によって受け止め方が違う物件があります。

それは、『心理的瑕疵物件』です。

心理的瑕疵とは、

・過去に事故や自殺があった・近所で死亡事件などがあった

・近所に暴力団事務所や風俗営業等の店がある

・近くにお寺やお墓などがある

などのように、人によって「怖い、気持ち悪い、縁起が悪い、なんかイヤだ」

「それが事実なら、この土地に住みたくない」と判断するような要因のことです。

例えば、売地の隣が墓地の場合、「静かだし、日当たりも風通しも最高!」

と好意的に捉える人もいれば、「昼間でも一人で留守番したくない。夜はなおさら…」と、想像するだけで青ざめる人もいることでしょう。

また、ゴミステーションや病院などが近くにある場合、利便性が良くて助かると言う方もいれば、「悪い気が集まりやすいから、風水的にちょっと…」と否定的な方もいます。

その心理的瑕疵についての捉え方は、人それぞれです。家族の中で肯定派と否定派に別れることがあるかもしれません。

そんな時は、ぜひ否定派の考えを聞いてあげてください。

 

・・・その2へ続きます

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい