カテゴリ

「貯金できない」という理由で頭金無しを選ぶなら。

2022.06.09

家づくりをするとき、頭金をゼロにして全額を住宅ローンで対応する方もいれば、手持ち資金を最低限確保して、できるだけ頭金を増やしたいという方もいます。

最近は、費用の全額を融資する金融機関が多いですよね。そのため、「家賃を払いながらだと資金作りに時間がかかるから、頭金無しで新築したい」

「頭金無しでも、返済額は家賃以下だから大丈夫」と判断するのも自然なことなのかもしれません。   

しかし、あくまでも『頭金無しで新築できる』だけであって、『頭金無しで新築しても大丈夫』ということではありません。ここに大きな落とし穴があるんです。

今まで計画的に貯金を増やせなかった方が、新築してからも同じようなお金の使い方を続けたら、今後も計画的な貯金は難しそうだと思いませんか?

子どもの成長に伴って教育資金は増えます。   

また、築後10年を過ぎると、耐用年数を過ぎた設備の交換や、屋根・外壁などのメンテナンスのために、まとまった費用が必要になります。

そんな中、住宅ローンを返済しながら老後の資金も確保しなければなりません。車を買い替えることもあるでしょう。

それらを考慮すると、住宅ローンの返済額や将来のメンテナンス費用だけでなく、火災保険料や固定資産税、部屋数の分だけ増えると予想される光熱費など、

年間の支出額を算出し、その1カ月当たりの額が家賃より少なくなるよう計画した方が安心です。   

なお、印紙税や登記費用などの諸費用、引っ越し費用、エクステリアなどの費用も住宅ローンで対応するなら、その分だけ土地と建物に使える予算は少なくなります。

もし、『貯金できない』という理由で頭金無しを選ぶなら、借入額や返済額は、より慎重に決めましょう。

電話する

お問い合わせ