コラム COLUMN

「家さえ建てれば幸せになれる」という考え方は正しい?

家づくりや庭づくりを生業としている知人だけでなく、『家』への関心が深い他業種の知人も「流行を追求した家ほど、外観で施工時期がわかる」と言います。

外壁や屋根の色や素材、植栽の種類やガレージのデザインなど、外観だけでも判断材料は多いものです。

「いや、家族以外の反応に興味は無いから」という方には取るに足らない反応かもしれません。

一方、「気づいてくれた?この頃の家づくりが大好きなんだよ」という方にとっては嬉しい反応ですよね。   

しかし、最先端を最良として流行を追求した方の中には、自分の家が時代遅れと思われることに苦痛を感じる場合もあるそうです。

みなさん、どう思いますか?家は商品ではありません。あなたと家族が、より幸せに暮らすための手段の一つです。

ただ、手段の一つにも関わらず、多額の費用負担を必要とするため、「家さえ建てれば幸せになれる」と、手段と目的を勘違いしがちなだけなんです。

その勘違いに気づけなかったために、返済能力以上の住宅ローンを契約し、大切な家族との憩いの場を手放した方がいます。

新築がきっかけで、配偶者の愛情や信頼を失って離婚した方がいます。住宅ローン返済のために仕事を優先し、親子関係が破綻した方もいます。   

あなたは、家族より家づくりを優先して働いてはいませんか?繰り返しますが、家づくりはみなさんと家族が幸せに暮らすための手段の一つです。

状況によっては、賃貸住宅に住み続けたり、中古住宅を購入してリフォームする方が良い場合もあります。   

正解は人それぞれなので見極めるのは大変ですが、選択肢が増える分だけ可能性は増えます。新築一戸建てに固執する必要はありません。

みなさんと家族がより幸せに暮らせる環境を優先しましょう。

もし、新築こそが最善だと判断したなら、家族と一緒に家づくりを楽しみましょう。

#CONTACT お気軽にお問い合わせ下さい